経営力向上支援

メカルヨン_ゴの経営力向上支援


メカル ヨン_ゴの経営力向上支援の方針は、世界的視座を獲得したからこそ発見できる沖縄というローカルの価値や可能性を有効なビジネスアプローチへと変換し展開させ得る創造性あふれる企業経営者や事業の育成、その活動に貢献することです。
そのためには、黎明企業の傾向として課題となってしまいがちなテーマに対し、各分野のエキスパートが適切な支援や助言を実施することで、本来の経営にリソースを集中できる態勢を整える事が肝要となります。
メカル ヨン_ゴでは待ち受け型では特定できない企業の課題の本質を掬い上げ、共に並走するパートナーとして有用なハンズオン支援のあり方を実現しています。

有用なハンズオン支援で
確かな成果や手応えを

机上のコンサルやアドバイザーではなく黎明企業と共に並走するパートナーとして経営課題に向き合い、解決までの道筋を丁寧にフォローします。

入居企業の近くで頼りになる存在として企業に寄り添いコミットメントすることのできる経営力向上支援です。

support_object_01

専門性と経験はもちろん
今、現場主義の専門家陣

各分野の専門家は高い専門性はもちろん、日々第一線で企業経営者と向き合う実務家を揃えています。

豊富な経験とリアルタイムなビジネスシーンを熟知する現場主義の専門家だからこそ可能とする具体性・実効性のある経営力向上支援を実施します。

support_object_02

経営資源の分散を防ぎ
適切なマッチングを仲介

企業経営者が創造的な事業活動に専念できるよう、特に財務や法務の側面から経営を補強するとともに、県内外に豊富な人的ネットワークを有する事務局アドバイザーが入居企業同士に留まらない、相互補完型、またシナジー型の企業マッチングを橋渡しします。

support_object_03

support_figure_01

◎ メカル ヨン_ゴ 経営力向上プロジェクト

メカル ヨン_ゴ 経営力向上プロジェクトではフェーズ1において各分野の専門家を入居企業へアサインするにあたり、入居企業のニーズや経営課題を的確に把握するために綿密なヒアリング調査を行います。その上で連携している各分野の専門家を選定し当該企業への導入を実施します。
事務局の担当者は毎月一度の定期訪問を実施しながら、同時に自らもメカル ヨン_ゴ入居企業であることの利便性・緊密性を活かし日々の交流を通じて、また、適宜面談の機会を設定することによって柔軟かつタイムリーに入居企業の相談に応じることを可能としています。

support_figure_02