株式会社プロアライアンス

株式会社プロアライアンス

事業内容

沖縄初の動画求人情報サイト「おきなび」の運営、観光プロモーションやウエディングの映像制作、HP制作やSNSの運用代行を中心としたweb集客支援事業、クリニック内のコンビニ運営といった4つの事業を柱としています。

入居企業インタビュー 代表取締役 大城佑斗

社名の由来と設立経緯について教えてください。

幼少時代を沖縄で過ごし、その後は北海道と東京で暮らしました。大学卒業後は東京で就職して人材マネジメントに携わっていたのですが、その時から沖縄の失業率や離職率の高さは全国的にも顕著だと感じていました。そこで自分のルーツでもある沖縄に根を張り、雇用に関する課題を少しでも解決していきたいと思ったのが設立のきっかけです。また、縁とタイミングに恵まれ、県内企業の株を購入したことで、移住と同時に事業を始められました。社名の由来は「プロの技術を持った人達がそれぞれの個を生かし、掛け合わさることによって、高機能会社となる」という思いを込め、「プロフェッショナル」と「アライアンス」の2つのキーワードをつなげました。

主な事業や実績を教えてください。

最も力を入れているのは、動画求人情報サイト「おきなび」です。これは企業の求人情報を、社員インタビューや実際の業務内容などを映像化して発信するものです。この事業を立ち上げたきっかけは、東京で働いていた時に、求人応募者の履歴書や職務経歴書に書かれている内容と、実際に会って話をした時の印象との違いを感じるのが多かったことが背景にあります。つまり、文字や写真だけで情報を伝えるのが難しいということです。これは求人募集を出す企業も同様です。

人手不足が深刻化する中、人材を集めるためには広告の出し方は重要な要素です。そこで着目したのが短い時間でも、もののイメージが直感的に伝わりやすい映像と求人サイトを連動させることでした。沖縄の求人情報といえば、紙やweb広告が一般的なので、まだまだ世間に浸透しているとはいえませんが、約1年間で飲食業や観光業をはじめとした広告主を70社ほど増やせました。動画の広告市場は今非常に伸びている領域。沖縄では4年間で5倍になったといわれています。今後の需要拡大にも期待できると思います。

会社のビジョンや目標を教えてください。

「おきなび」を県内で誰もが知る求人情報サイトにし、最終的には若年者の就業意識の改善につなげることが目標です。そのためには受け入れる企業側も万全な体制を整えることが大切で、既存社員の意識改革や定着性をあげるなど組織全体を強化するトレーニングにも力を入れたいと思っています。また、最近は学生を対象に、ソニーが開発した経営者育成研修「MG研修」を行っています。これは一人ひとりが社長になって会社を経営することを想定したゲームです。ライセンスがないと開催できないもので、今のところ沖縄で行えるのは弊社しかありません。こうした強みも多方面で生かしていきたいですね。

「おきなび」は「おきなわなび」を略した呼び方なのですが、この2つは商標登録が済んでいます。今は求人情報に特化していますが、いずれは、例えばグルメやエステといったコンテンツを加えるなど、沖縄の楽しみ方をナビゲートするような、より広域の情報サイトにしたいと思っています。また、ざっくりとはしていますが、いつかは海外展開もしていけたらと考えています。

 

メカル45に入居してのメリットは?

  • 社長会が定期的に行われ、それぞれで意見交換することによって刺激になる。

会社概要

株式会社プロアライアンス