株式会社オムニバスワンダーラボ

株式会社オムニバスワンダーラボ

事業内容

「思いやりから生まれるアイディア」

常に新しいものが生まれ、進化し続けるIT業界の中で、オムニバスワンダーラボは大切だと思う人の事を考えています。
誰かを想い、そして、その人にとってより便利でより良い環境を提供することを使命としています。

弊社は、Webサイト制作、Webシステム、スマートフォンアプリケーション開発を中心としています。

レスポンシブデザインを得意としたWeb制作では、Googleの提供する「Mobile Website Speed Testing Tool」でのテストでパソコンやスマートフォンの画面の最適化、スピードを出すための、細かな部分まで考慮して制作しており、お客様のサイトのパフォーマンスを最大まで引き上げ、サイトを閲覧した方が「ストレス」なく閲覧できるサイト制作を心がけています。

スマートフォンアプリケーションに関しては、初期の段階から開発をスタートし、数多くのアプリケーションの受託開発を行ってきたことから、多くのノウハウを持ち合わせています。さらに、iPhone/Androidの両方を得意とし、同時開発が出来るため、他社よりもスピーディーな開発が可能です。

その他、ECサイト等も制作しておりますので、IT関連でお困りの事がありましたら、何でも相談して頂けますようお願いいたします。
無理難題を克服する事が大好きなメンバーが揃っております。

サービスの紹介及び事業実績

・プロ野球球団のモバイルサイト制作
・メジャーデビューアーティストのモバイルサイト制作
・大手自動車関連情報誌のスマートフォンアプリ開発
・県内大手不動産会社との「見守りシステム」プロトタイプ動作検証
・県内土木・建築会社のホームページ制作
・ネイルサロンCOCOGARDENのホームページ制作
https://cocoga-den.com/
・ドローン試作機制作
・屋内ストリートビュー制作
・企業間SNSシステム構築
・台湾産マンゴー販売ECサイト制作

入居企業インタビュー「代表取締役 名嘉真 了一」

「オムニバスワンダーラボ」名前の由来を教えてください。
ギリシャ神話、フクロウをモチーフにした。知恵と技術の象徴、縁起もいいのでつけた。先にOWLという名前をつけて後で意味づけをした。
オムニバス:いろんな人、物、新しいものという意味合いです。

起業のきっかけは?
前職でメンバーと知り合った、前々から「自分たちで新しいことをやりたい」と話していて、起業した。事業はアプリケーションの作成が中心です。

ビジネスアイディアが豊富な印象があるが、どうやって思いついてますか?
ビジネスアイディアを思いつく時は、メンバー同士で気づいたことを言い合ったり、こんなことあったらいいねと話しながら、楽しみながら出し合う。

今後のビジョン、展開を教えてください。
ITは全てを便利にして来ているが、今後は便利にするというよりは何かの付加価値という位置付けになるのではないでしょうか?
今後、我々はネットワークの構築だけではなくて、ものに付加価値をつけられるIT技術を磨いていきたい。

今後は、自分たちで新しいムーブメントを起こしたい。
ITを使って、女性が活躍できる場の提供や沖縄の貧困問題に対して、何か解決策を作っていきたい。現在、不動産とITを絡めた企画を進めています。
私たちはITで社会を良くしたい!と強く願っています。

MECAL45に入居してのメリットは?
那覇の中心地に事務所があるという事でみんなに自慢できます。
交通の便がよく、どこへでも行きやすいです。
トイレ掃除やゴミ捨てを行ってくれる方がいるので、非常に助かっています。
テラスからの眺めがよくリフレッシュしたい時には最高の場所です。(冬は風が強く寒いのであまり出たくありません…)

会社概要

株式会社オムニバスワンダーラボ
ホームページ http://omwonlab.com/
所在地:那覇市銘苅2-3-1 MECAL45 401
連絡先:TEL&FAX:098-943-7590